我が家の家族関係

子供の事が理解できず、子育て下手な私が、18歳になった息子に言われた言葉で、
苦しかった記憶?思い出?トラウマ?が解放される嬉しい出来事がありました👏👏👏

昔の私は、子供の気持ちは手に取るように分かるのに対して、子供は私の常識を超える行動により、私の中でかなり激しいバグが起きていました。

そんな我が子を環境に順応させるのがとても大変でした。あの頃の私には難しくて、難しくて…
(多分今の私でもできないかも…)

子育て本にも書いていない…
私も経験していない…
誰も教えてくれない…
(苦しかったなぁ…)

学校へ行きたくない気持ちが分からなくはないのだけど、私は我慢していったのに…とか、
私は親の言う事を素直に聞いてきたのに…という気持ちがとても強かったですね〜。

息子の気持ちより、良い母親になるために頑張って無理矢理学校に行かせていました。
(今だったら絶対させない!)

学校に行くのが当たり前!
嫌いでも、やりたくなくても、勉強するのが当たり前でしょ!
みたいな感じ。
(今は随分変わりした)

そして、最近いつものように主人と主人の母と息子と私でお茶の時間を過ごしている時です、
息子が「今度一緒にカラオケ🎤行こうよ」と言い、(実は前から言われていた事)
「だってお金使いたくないんだもん」(まぁまぁそんな事だよね)
「おばあちゃん、こんなに仲の良い親子って居ないんだよ!」と息子。
(え?びっくりそんな風に思ってくれていたんだ…)

私自身は、中学生になっても何でも話してくれていましたし、
高校生になっても相談してくれていたので、子供の気持ちや行動が手に取るように分かるって、
親としては幸せな事だなとは思っていました。
(中学の時の周りのお母さんは、子供の気持ちが分からなくて悩んでいたのをよく耳にしていましたからね。)

しかし、私が息子にとってなんでも話せる相手であって、
それを『仲の良い親子』と表現してくれたのです。

そして、昨日娘にも「ママ、カラオケ🎤行かない?」と誘われたので、
2人まとめて一緒にカラオケ🎤に行って来ました👍

私の中で静かに何かが溶けていくような…
気体になって消えていくような…
そんな感じで私の心は浄化され、解放感を感じる事が出来ましたおねがい

そんな長い長いトンネルをもがきながら走っていた頃が懐かしいと思える今がとても幸せです。

そして、最近主人にとっても嬉しいと思える事があったようです💕
息子は、小学3年〜6年まで硬式テニス
中学3年間は軟式テニス
高校3年間はまた硬式テニスをやっていました。

主人は、子供の時野球をやっていて、ずっと野球が好きでしたが、息子は全く興味がなかったのです。

それが先日息子が初めて友達に誘われて野球観戦に行くと野球に興味を持ち、
なんとテレビで野球観戦して楽しんだら、「東京ドームに行きたいなぁ」と言いましたのです。

そんな事を言われたら、主人は喜んでS席のチケットを購入していました爆笑爆笑爆笑
(パパ良かったね💕)

こんな親子関係になれたのも、やっぱり形而上学を学び、生きていく事で落とし込んで、
自分の意思で人生を生きていくという体験が出来ているからだと思っています。

しかも我が家は全員イニシエート✨

娘は自分の意思でアデプトプログラム®︎を受けたのですが、
主人は成り行きで、息子は私の切なる願いで受けたので、信じてはいません。

しかし、私から言わせたら、
色んな事が起きとるだろー!
気づかんかい!寝ぼけんなよ!
と言いたいくらい、色んな事が起きてます!

今回の記事は、色んな事が起きている中のひとつを紹介させて頂きました☆

本当のあなたに出会って、
本当の喜びを感じられる人生を送って頂きたい!
こんな奇跡を感じられるのは、モダンミステリースクールだけですよ。
形而上学の入門であるアデプトプログラム®︎、是非おススメです🎶

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる